セブ島現地ハウツー

セブ島の治安って?これで安心!状況や注意点・対策方法まとめ!

南国リゾートのイメージがあるフィリピン・セブ島は、リゾートエリア以外にも激安ショッピングエリアやエネルギッシュなナイトエリアもあり、近年ますます活気づいている地域です。ただ海外ということもあり、多少治安に不安があるのも事実。セブ島の治安状況、注意点、対策といった情報をまとめたので、これらを参考にセブ島旅行を楽しんでください!

セブ島の治安状況

海外なので日本と同じくらい治安がいいとは言いませんが、セブ島は決して治安の悪い地域ではなく、テロも観光エリアで発生したことはありません。外務省の海外安全情報でも、セブ島の治安は「レベル1 十分注意してください」であり、これは他の東南アジア諸国とあまり変わりません。一般的な犯罪・スリや置き引き等に十分注意すれば、安心して旅行できる地域になっています。

エリア別での治安状況

セブ島は、フィリピンの中でも比較的治安が安全なエリアですが、地域により多少危険度は違います。ビジネスの中心でもあり、多くのレストランやビルの立ち並ぶセブシティと、リゾートホテルの集まるマクタン島での違いをご紹介します!

【セブシティ】の治安・セブの中では比較的悪いです!

セブ島No.1の繁華街であるセブシティは、とても発展していて、人とクラクション、工事の音と、飛行機の飛び交う喧噪に溢れます。とてもエネルギーを感じるエリアですが、やはり人が集まれば、それなりに事件も増えます。セブシティでの注意点はいくつかあるので紹介します!

路上生活者・ストリートチルドレン

セブシティには、フィリピンの首都マニラ同様、路上生活者やストリートチルドレンと呼ばれる物乞いが多いです。

ストリートチルドレンは路上生活をする子供たちで、街を歩いていると、突然囲まれ「お腹が空いた」と訴えられます。相手が子供のため、無下に邪険にもできず、戸惑っていると、その隙に財布を盗まれたりといった事件も多く見受けられます。

iPhoneスリ

人気の高いiPhoneはフィリピンの月収の数倍の価格で売られています。このためiPhoneはスリや強盗の対象になりがちです。路上で電話や、歩きスマフォをしていると目を付けられ、最悪脅し取られる危険もあります。

スマホでナビやレストラン情報を調べたい気持ちはわかります。しかしフィリピンでは、昔ながらの紙媒体の地図や、事前にホテルで情報をインプットして出かけたほうが安全です。

一人歩き禁止

セブシティには細い裏路地なども多く、人の目が届きにくいです。そういった場所は治安も悪くなる傾向にあるため、夜はもちろん、昼でも一人歩きは避けてください。特に女性は性犯罪の被害も報告されています。男性と一緒に、女性の場合は数人のグループで出かけるようにした方が安全です。

ホテルや語学学校の寮などはセキュリティがしっかりしていて、危険は少ないので安心して宿泊できます。

【マクタン島】の治安・リゾートエリア以外は注意が必要!

リゾートホテルエリアや空港があるフィリピンのマクタン島は、セブ島のセブシティエリアからは車で30分ほどの距離にある島で、シティーとは橋で繋がっています。セブ島のセブシティに比べ島内は非常にのどかです。犯罪率もシティーに比べ低くなりますが、細い路地が多くまた街灯も少なめなので、街を歩けば怪しげな客引きを見かけることもあります。

街には野犬も多く、狂犬病の危険もありますので街の散策に徒歩で行くのは避けたほうが安全。観光地へはホテルで手配した安全なタクシーに乗るのが賢明でしょう。

マクタン島・セキュリティ

ホテル内は安全性が高く、セキュリティも完璧です。セブの他のエリアとは別世界、まさに人々が思い描く南国リゾートそのもの!リゾートホテルの出入り口にはセキュリティが立ち、ホテル利用者、従業員等の関係者以外は決して入れないようになっています。

リゾートホテルのあるエリアでは、レストランやスパ、プライベートビーチにテニス場、ゴルフ場。何でも揃っています。リゾートホテルだけの滞在でも十分楽しめるでしょう。

ホテルから空港に向かうときや、他エリアに出かける場合は、ホテルで呼んでもらったタクシーに乗れば安全に旅行することができます。

セブ島でよくある事件まとめ

先ほどもセブシティーの治安のところでも書きましたが、セブ島でよくある犯罪・事件の情報をより具体的にまとめました。

スリや置き引き

フィリピンのセブ島で一番多いのが、スリ・置き引きです。

特に警戒心の少ない日本人は狙われる危険がありますので、十分注意してください。

事件が起こりやすい場所としては、路上、ジプニー、カフェ・レストランなどとなっていて、路上ではストリートチルドレンによるスリやiPhoneを狙った被害が多いです。日本語で話しかけてくる人もいて、油断している間にスられているといった危険もあるようです。

バックパックやショルダーバックは十分気を付け、現金を分けて持つようにする。ウォレットチェーンやマネーホルダーを活用して、スマホはポケットには決して入れないでください。

ジプニーとはフィリピンでよく見られる乗り合いバスです、観光であまり利用する事はないかもしれませんが、ラッシュ時には大変混みあい、スリにとっては一番活動しやすい場所。観光中乗るときは十分注意してください。

カフェ・レストランでは、バックを座席に、スマホや時計をテーブルの上に置きがちです。日本感覚で置くと、すぐになくなる危険があるので気を付けましょう。どんなときでも、自分の手から離さないように。

睡眠薬強盗

旅行の醍醐味はもちろんその国の文化を肌で感じること。現地の人と仲良くなり、意気投合して、夜飲み屋へ…なんて旅行日記にあこがれたりしますよね?しかし、それが大変な事件になることも。

バーや飲み屋にいっしょに行き「いっぱい奢るよ!」なんて言われて、気軽に受け取った飲み物を飲んだらその後の記憶がない…。目を覚ますと財布も現金もカードもなくなっている、といった事件も発生しています。

安全を確保するために、知り合ったばかりの人と飲みに行くことになっても、相手から出された飲み物を飲んだりしないでください。

タクシーでのぼったくり

旅行者にも比較的安心で使いやすいセブ島の観光タクシーですが、中には悪質なタクシードライバーもいます。セブ島のタクシーに乗る際の注意点をまとめました。

メータータクシーの料金

セブ島のタクシーの初乗り運賃は40ペソです。タクシーに乗るときには必ず、タクシーのメーターの表示が、40.00になっている事を確認してください。メーターを改造した悪質なタクシーもあります。またその後の加算料金は3.5ペソの単位で加算されますので、ここもタクシーに乗るときのチェックポイントです。

交渉の場合のタクシー料金

観光先や距離により、タクシーの料金がメーターではなく交渉になる場合があります。フィリピンのタクシーは営業エリアが決まっているため、あまり遠くまで行くと、帰りに客が拾えなくなるからです。その分のロスとして、追加料金を含めての交渉が発生する場合があります。そういった場合は、必ずタクシーに乗る前に交渉してください。

子連れでの旅行も大丈夫なの?

子供連れの旅行者も多くいます。しかし、子連れで観光する場合は、安全なリゾートホテル内で過ごすのが無難でしょう。または、旅行会社のオプショナルツアーなど、安全を確保しての観光が最適です。

または、ホテルで呼んでもらったタクシーでの旅行をおすすめします。

セブシティ内で気をつけるべきエリア

セブシティにはなかなかディープで、ローカルなストリートがいっぱいあります。ただ、そういった場所は、旅行初心者、セブ島初心者にはちょっぴり危険。特に注意する場所を紹介します。

「マクタン島の治安について知りたい方はこちら!→マクタン島を楽しむ秘訣は治安情報を知ることにあり!事前の安全対策で最高の旅行へ!

マンゴーストリート

日本で例えるなら、新宿の歌舞伎町といったところ。夜遊びが楽しめる観光エリアです。地元の若者たちが、お洒落をしてクラブやバーに、大人はキャバクラ、ゲイバーやスポーツバーといった夜遊びを楽しむためのストリートです。

当然治安もあまり良いとは言えず、スリや、睡眠強盗などといった事件も多発しているので、観光に訪れる際にはそれらを頭にいれ、安全を確保して楽しんでください。

コロンストリート

セブ島で最もディープな場所と言っても過言ではありません。雑多な感じがいかにも東南アジアな雰囲気です。なんでも安く売っていて、偽物ではないかなと思われるブランド物も多く並びます。

夜になれば路上生活者やストリートチルドレンがそこかしこと寝床を求め現れたりと、フィリピンの裏の顔を垣間見ることのできる場所でもあります。

治安もあまり良くはなく、人通りが多いためスリも多発しています。出かける際には小銭のみ持つようにしましょう。

これで安心!治安対策

色々治安について書きましたが、旅行中の安全のために気を付ける点をまとめました。

リュックは前で持つ

バックパック・ショルダーバックといった旅行バッグは、必ず前で持ってください。たとえファスナーがついた旅行バックでも、ファスナーを開けて盗られる危険もあります。また、財布は首からかける、バックの中で繋ぐといったような工夫もしたほうがより安全です。

スマホを持ちながら歩かない

iPhone強盗の危険があります。歩きスマホや路上での電話は控えてください。ポケットに入れるのも危険です。

後ろポケットに財布を入れない

ウォレットチェーンを付けていても、後ろポケットに財布は入れないでください。中身だけなくなる危険もあります。

夜、外を出歩かない

たとえカップルやグループでも夜出歩くのは避けた方が安全です。都市部の裏路地などでは、バイクでのひったくりや、女性だけを連れ去るといった事件もあります。

セブ島治安まとめ

フィリピン・セブ島の治安情報について書いてきましたが、セブ島は治安情報を把握し、注意点を守れば安全に旅行することができます。テロの心配もありません。

もし治安に不安な方は、マクタン島のリゾートエリアで南国リゾートを満喫し、途中チャータータクシーや旅行会社のオプショナルツアーを利用し観光するプランにすると安全性も高くおすすめです!ぜひ治安に注意して、セブ島旅行を楽しんでください!

RECOMMEND おすすめの記事