セブ島現地ハウツー

セブ島のトイレはこれで完璧!フィリピン観光で困らないための情報まとめ

セブ島のトイレ事情は海外旅行で最も気になる事の一つ。セブ島のトイレでは日本とは勝手が違うだけではなく、衛生面などで注意しなければならないことも多くあります。

そこで今回はフィリピン・セブ島のトイレ事情を詳しくご紹介します。日本人の常識からすると「えっ、本当?!」と思うようなことも、事前に知っておけば対処もしやすですよね。特に女性は必見の内容ですのでぜひ参考にしてください!

セブ島のトイレは日本とこんなに違う!

まず最初にお断りしておきますが、セブ島の中でも日本人が滞在するリゾートホテルや大型のショッピングモールなどのトイレは日本とほぼ同じ感覚で利用できます(一部例外あり)。今回ご紹介するのは現地の人が日常的に使う、向こうの感覚でいうところの「普通のトイレ」のお話。

セブ島観光中に急にお腹が痛くなったり、「近くにあるのは現地のトイレだけ」、なんて状況にはいくらでも出くわします。日本とフィリピンのトイレの違いをしっかりと覚えておいてくださいね。

「セブ島全体の観光情報」について知りたい方はこちら!→セブ島でリゾートを満喫するための情報ガイド!おすすめホテル・ビーチ・楽しみ方・注意事項など

セブ島のトイレには便座がない?

セブ島のトイレで最初にビックリすることといえば、便座がないことでしょう。便座がないといっても日本のような和式トイレではなく、普通の洋式トイレに便座がついていないんです。これはどうしてかと言うと、便座の盗難防止!

日本人の常識からするとビックリしますが、セブ島のホームセンター等に行くと、トイレの便座だけがズラッと並んでいるコーナーがあったりします。家のトイレの便座は自分で買ってつけるものなんですね。そういう事情からか公衆トイレなどの便座は簡単に盗まれてしまうため、最初からつけていないところがほとんどです。では、どのようにして用を足したら良いのでしょうか?

セブ島の人は日本の和式トイレのように便器に足を乗せて行います。実際に靴についていたドロなどでトイレが汚れているところも多いです。そこまで汚れていないトイレであれば、消毒用アルコールなどで便器をキレイにしたあとにトイレットペーパーを敷いて腰を降ろすこともできますが、日本人はお尻を浮かせた空気椅子状態で用を足す方がほとんどでしょうね。

特に女性は要注意。どんなに慌てていても、絶対に直接お尻をトイレに乗せないくださいね。

セブ島のトイレには水洗レバーがない?

セブ島のトイレには便座だけではなく、水洗レバーもないんです。とはいっても汲み取り式ではないので最初はどうしたら良いか戸惑うかもしれません。でもよく周りを見渡してください。大きな水がめに水が溜まっていませんか?そう、それで用を足した後のトイレを流すんです。つまりセルフ水洗トイレ!

場所によっては、水洗レバーの代わりに写真のような噴射式のシャワーホースがついているトイレもあります。セブ島の人はこれを使ってお尻を洗ったり、トイレを流したりしています。日本人の感覚だとウォシュレットの代わりに使うには水の勢いが強すぎますが、流すには便利ですよね。

トイレにこのシャワーホースがついていればぜひ活用してください。しかし、水がめの水を使うにしてもホースを使うにしても、どちらにしても床がビチャビチャになってしまうのは仕方がないところ。セブ島のトイレの床がどこも水浸しなのはこういう理由だったんです。

セブ島ではトイレットペーパーが流せない?

セブ島のトイレは、日本のようにトイレットペーパーを流すことはできません。これはフィリピンだけではなくアジアの常識。上で述べたようにセブのトイレはセルフ水洗なので水圧が弱く、トイレットペーパーを流すとすぐにトイレが詰まってしまうんですね。

これは日本と同じような水洗トイレを完備しているホテルやショッピングモールでも同じ。どうしても下水道の構造的に詰まりやすいらしく、トイレットペーパーを流すことはできません。セブ島のトイレの個室には専用の汚物入れが必ず備えられていますので、用を足した後はそこに捨ててください。

セブ島のトイレを使う際の3つの注意点

セブ島と日本のトイレの違いを押さえたところで、実際にセブでトイレを利用する際の注意点もご説明しましょう。

①セブ島のトイレには、トイレットペーパーを持参する

セブ島ではホテルや大型ショッピングモールを別にして、ほとんどのトイレにトイレットペーパーは備え付けられていません。一部トイレの入口でトイレットペーパーを売っている自販機が置いてあるところもありますが、基本的には自分でトイレットペーパーを用意する必要があります。

トイレットペーパーはセブ島のコンビニやスーパーマーケットで購入することもできますが、旅行中の荷物としてはかさばってしまうためオススメしません。代わりに、トイレットペーパーを一回分ずつ小分けにしてジップロックなどに入れて持ち歩くのが便利です。

もちろんポケットティッシュでもOK。トイレに紙は流せませんから、ポケットティッシュでトイレが詰まってしまうという心配も必要ありません。

②セブでは必需品?あると安心な消毒液

フィリピンやセブ島のトイレは、お世辞にも衛生的とは言えません。手洗い場所に石鹸が設置されていないとこも多いです。そのため、自分で消毒液などを用意しておく必要があります。もちろんそのことはフィリピン人も心得ていて、コンビニなどで手軽に持ち歩き用の消毒液を買うことができます。

セブ島ではSanitizer(サイニタイザー)とかアルコホール(アルコール消毒液)と言われているのがそれで、可愛らしい小びんに入っているのでお土産にも人気があります。グレープやアロエ、緑茶など色々な香りのものが売られているので、自分のお気に入りのものを探すのも楽しいかもしれません。トイレ等の衛生管理は自分で行うのがフィリピン流なんですね。

③セブ島のトイレのドアは自分で押さえよう

セブ島のトイレ、残念なことにドアの鍵が壊れていることが結構あります。そんな残念な状態に出くわしてしまったら、やはり自分で押さえながら用を足すしかありません。同行している友人に見てもらうのも良いかもしれませんね。

この点、やはり女性は要注意。というのは、セブ島ではトイレが男女共用のところも多いんです。もちろん中は個室で分けられていますが、鍵が壊れているとその意味もほとんどないですよね。

トイレは自分だけの大事なプライベートスペース。他人が入ってこないように、しっかりと自分の身は自分で守ってくださいね。

セブ島でいつでもトイレを利用するために知っておくべき3つのこと

生理現象は突然やってきます。日本にいても急にトイレに行きたくなって困った!という経験は誰でもあると思いますが、それが外国の地だとさらに焦ってしまいますよね。そこでセブ島でいつでもトイレが利用できるように覚えておくと便利なことをご紹介します。

①フィリピンでは「トイレ=CR」

フィリピンではトイレのことを「CR(シーアール)」と呼びます。”Comfort Room”の略なんですね。”Comfort”と言いながらそこまで快適ではないところにちょっと困っているんですが、どちらにしても”Toilet”ではあまり通じません。

フィリピンの共通語であるタガログ語で「トイレはどこにありますか?」は、「Saan CR?」と言います。ローマ字読みで通じますので、「サーアン シーアール?」で大丈夫。簡単ですよね。これだけ覚えておけば急にトイレに行きたくなっても安心です。

CRのところは何にでも言い換えられるので、たとえば「Saan Hotel?(ホテルはどこですか)」、「Saan Restaurant?(レストランはどこですか)」などセブ島の旅行中に使ってみてくださいね。

②セブ島はそもそもトイレの数が少ない!見つけたらとりあえず入る習慣を

日本でトイレに困ったときの避難所と言えばコンビニですが、残念なことにセブ島のコンビニでトイレを利用することはできません。それどころか、街なかでも公衆トイレの数がそもそも少ないんです。セブシティーで日本人がトイレを利用するとしたら、やはりホテルかショッピングモール、レストランなどのトイレ。

ショッピングモールはともかくとして、ホテルやレストランのトイレだけを利用するのは日本人的な感覚からすると少し気が引けますが、現地のスタッフの方たちはそんなこと全然気にしていません。

セブ島では、トイレを見つけたらとりあえず入っておくと、結果的にストレスが少なくて済みます。

タガログ語で「トイレを借りても良いですか?」は色々な表現がありますが、「Guto kong magCR, OK?(グストコン マグシーアール)」が簡単です。「Gusto kong mag~」は「~したい」という表現なので、これも「Gusto kong magショッピング(買い物に行きたい)」や「Gusto kong magブレイクタイム(ちょっと休憩したい)」など、”mag”の後に英単語を付けるだけで通じるので、覚えておくと便利です。

③セブ島のトイレは順番争奪戦!?

女子トイレの前に並ぶ長蛇の列…。日本ではおなじみの光景ですが、セブ島では少し事情が異なります。何しろフィリピン人は列に並ぶという概念がないので、セブ島では「空いたトイレに先に入った人が勝ち」。日本人観光客もその戦いに勝ち抜かなければなりません。

具体的には、トイレに入ったらとりあえず個室の前に陣取り、ドアをノックしましょう。前にも述べたとおりセブ島のトイレのドアの鍵は壊れていることも多いため、ロックサインは信用できません。ノックして返事がなければドアを開けて中に入りましょう。

たまに現地のおばちゃんが入っていて文句を言われることもありますが、気にしないでください。とりあえず自分で空いているトイレを探してそこに入る。それがセブ島でトイレ争奪戦に勝利する大鉄則です。

セブ島のトイレ事情を知って、快適なセブ島旅行を!

セブ島のトイレ事情をまとめてみましたが、いかがでしたか?こういうことを伝えると「え、セブのトイレってそんなにひどいの?行くのやめようかな…」と躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。

でもセブ島旅行は自分の知らない世界に出会える大事な機会。日本では遭遇しないちょっとしたハプニングが旅の一番の思い出になったりもします。もちろん、その場では戸惑ったり困ってしまうことも多いかもしれませんが、数年経つと忘れられない大切な経験になったりするんですよね。

今回お伝えしたセブ島のトイレ情報を覚えておけば大丈夫!南の楽園・セブ島でのバカンスを思いっきりエンジョイしちゃってくださいね!

RECOMMEND おすすめの記事