セブ島現地ハウツー

セブ島のタクシーの利用方法まとめ!乗り方や料金・万一のトラブルを避けるための最善の方法とは?

日本からも近い南国のリゾートアイランドとして人気のフィリピン・セブ島。毎年のように大勢の観光客が押し寄せる最高のリゾート地です。しかし海外旅行でやっかいなのが現地での交通手段。

そこで今回はセブ島のタクシー事情を徹底紹介!タクシーの乗り方から気になる料金、万が一のトラブルに巻き込まれないための注意点までを詳しくご紹介します。セブ島への旅行を考えている方には必見!。

セブ島のタクシーには種類がある!?

日本でタクシーといってもそんなに多くの種類はなく、せいぜい普通のタクシーやワゴンタクシーがあるくらいですよね。ところがここセブ島では事情が違います。まず始めにセブ島のタクシーの種類とそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

イエロータクシー

セブ島のマクタン空港に降り立っておそらく初めに目にするのがこの黄色いタクシー。しかしイエロータクシーはセブ島の街なかではあまり見かけることはありません。

黄色いタクシーは別名エアポートタクシーとも呼ばれ、マクタン空港から観光客をホテルまで届けることを主な業務としています。そのため、初乗り料金は70ペソ(約145円)と一般的なタクシーよりも割高。

空港からはこのタクシーを利用するしかないのか?と思われるかもしれませが、決してそんなことはありません。後述しますがイエロータクシー以外のタクシーも利用可能です。そのため、観光客であってもあえてこのタクシーに乗る必要はないでしょう。

白タクシー

セブ島で最も一般的なタクシーがこの真っ白なボディが特徴の白タクシーです。料金は初乗り40ペソ(約82円)。日本と比べると格安ですよね。セブ市街でも数多く見かけ、料金も安いため観光客はもちろん地元のフィリピン人もよく利用しています。

エアコンもよく効いていますし、運転手も観光客に慣れているため、セブ島では最も安全かつ快適に移動できる交通手段です。

バイクタクシー

セブ島だけではなく、アジア周辺でよく見かけるのがこのバイクタクシー。タクシーと比べても圧倒的に料金が安いことから、現地の人がよく利用しています。

しかし、その運転は非常に危険。道が混んでいようが赤信号だろうが構わずにビュンビュン飛ばします。中には運転免許を持っていないドライバーも。道路が大渋滞していて、なおかつどうしても遅れてはいけない用事がある時以外、観光客が乗ってはいけません。

トライシクル

タクシーにサイドカーのような荷台が取り付けられているのがトライシクル。マクタン島などビーチリゾートエリアなどでよく見かけます。バイクよりも安全で、タクシーが来ないようなところでも走っているため、旅行者が利用することも多いです。

料金は基本的に交渉制ですが、ワンメーター程度の距離であれば一人8ペソ(約16円/数名で貸し切りの場合)程度と格安。基本的には近距離専用で、長距離の移動は別料金!タクシーよりも割高になるので注意してください。

ただしマクタン島内であればトライシクルでどこへでも行けて便利です。

ジプニー

ジプニーとは地元の人が利用する乗合バスのことで、セブ島内で最も安い交通手段。決められたエリア内を巡回しているのですが、パッと見でどこに向かうのか分からず、旅行者が利用するにはハードルが高いです。

もちろんドライバーや乗客に聞けば自分が行きたい方向に向かうか分かるのですが、車内はギュウギュウ詰めで乗り心地は非常に悪く、スリに遭う危険性も非常に高いため、観光客が利用するのは避けたほうが賢明です。

【結論】セブ島で利用するなら?

セブ島内で観光を楽しむために利用するなら基本的には白タクシー!タクシーが少ないような場所や近距離の移動だけならトライシクルを利用するのが賢い旅行者の楽しみ方です。

セブ島でのタクシーの乗り方

セブ島のタクシー事情と種類は分かりました。次にタクシーの乗り方を紹介しますね。

空港やモールでタクシーに乗る方法

マクタン空港では、到着口の正面にある道を横切って空港の上の階に向かい、ターミナル出口から出て右側に行くと白タクシーの停留場があります。また市内にあるショッピングモールにもタクシー乗り場があり、これらに共通しているのが専用の係員が常駐していて、整理券を渡してくれること。トラブルにも巻き込まれにくく、比較的安全なタクシーの乗り方です。

整理券(チケット)には、係員がタクシーのナンバーを書いて渡してくれるので、無くさないようにしてください。電話番号が書かれており、万が一トラブルが発生した際には渡された番号へ電話すれば担当ドライバーにペナルティが課されるため、トラブル防止にもなります。まれにチケットを要求してくるドライバーもいますが、決して渡さずに自分で管理してくださいね。

空港やモールでは時間帯によってタクシー乗り場が非常に混み合う場合があります。特に夕方から夜にかけての市内の大型モールではタクシー乗り場に長蛇の列ができ、1時間待ちになることも。時間に余裕をもってお出かけください。

ホテルからタクシーに乗る方法

ホテルでタクシーを呼んでもらう場合、専用のタクシーが手配されます。高級車でサービスも良く・乗り心地も問題ありませんが、料金が相場の3倍ほど!それでも良い、という方はフロントスタッフかドアボーイに行き先を告げて利用しましょう。その際には10~20ペソ程度のチップを手渡すと喜ばれますが、絶対に必要というわけでもありません。

「相応の料金でタクシーに乗りたい!」という人にオススメなのが、「ホテルまで客を乗せてきたタクシーを捕まえてそのまま乗り込む」という方法。乗車拒否も少ないですし、もちろん通常料金で乗せてくれます。大きなホテルなら頻繁にタクシーがやってくるので試してみてください。

逆に絶対にダメなのがホテルの外で待っているタクシーを利用すること。観光客ということでこちらの足元を見て確実にボッてきます。マナーもガラも悪いので、こうしたタクシーは避けてくださいね。

街中でタクシーに乗る方法

日本と同じように空車のタクシーに手を上げて呼び止めれば、流しのタクシーを捕まえることができます。しかし、市街に出るとタクシー自体少なく、空いているタクシーは希少。朝や夕方などのピーク時にも空車は少ないです。

フィリピンは日本のような番地表示の住所はありません。そのためドライバーに住所を伝えるのではなく、地図を広げて目的地を示す、ホテルやレストランなど目的地の名前を告げてください。スマホの地図アプリを活用して、希望の方向へ向かっているかどうか確認しながら乗ると安心です。

観光スポットを周る場合

セブ市外の観光スポットやレストランに向かう場合、帰りのタクシーを確保しておくことが重要です。なにしろ郊外へ行けば行くほどタクシーの数が極端に少なくなります。いくら待ってもタクシーが来ない!なんてことも起こりえます。

そのような事態を避けるために、乗ってきたタクシーを待機させておくのが賢明です。待ち時間と料金は交渉次第ですが、1時間300ペソ(約620円)程が目安。その際は乗車する前にしっかり交渉すること、料金は一番最後に支払うことが肝心です!

最初からタクシーを時間で借り切るという方法もあります。その場合も交渉制になりますが、3時間1000ペソ(約2070円)程度と考えておきましょう。

セブ島のタクシー料金はどのくらい?

「セブ島のタクシーの料金は安い!」といっても、相場よりも高い値段をフッカケられるのは気分が良くないですよね。そこでセブ島のタクシーを上手に活用するために、料金の目安をしっかりと把握しておきましょう。

初乗り料金は40ペソから!

セブ島で最も一般的な白タクシーの初乗り料金は40ペソ(約82円)。以降300mごとに3.5ペソ(約7円)ずつ加算されていきます。東京都内のタクシー初乗り料金が410円、以後237mごとの追加料金が80円(2018年現在)です。日本と比較すると、いかに安いかが分かりますよね。

セブ島内でのタクシーは、ほとんどの場合メーターで料金が精算されますが、行き先や時間帯によってはドライバーが料金の交渉を持ちかけてくる場合があります。その場合は料金が割高になることが確実なので、料金が折り合わない時は別のタクシーを捕まえる必要があります。詳しくは後述するので、チェックしてください。

JY Square Mallから主要観光スポットまでのおおよその料金

セブ島内でのタクシー料金の目安を知っていただくために、セブを訪れたら必ず行くであろうJY Square Mallから主要観光スポットまでの料金の目安をまとめました。もしこの料金よりも100ペソ以上高い料金が請求された場合はボラれている可能性が高いので、注意してくださいね。

  • アヤラモールまで:70ペソ(約145円)
  • コロンエリアまで:90ペソ(約186円)
  • SMシーサイドまで:150ペソ(約310円)
  • マクタン空港まで:200ペソ(約414円)
  • ビーチエリアまで:300ペソ(約620円)

追加料金が発生する状況

上記の料金とは別に、追加料金が発生したり、料金の交渉を持ちかけられる場合があります。まずは朝夕のラッシュ時間。この時間帯にタクシーに乗る場合にはメーター料金+50~100ペソの追加料金が請求されます。不当な料金が要求されているわけではないので、素直に支払いましょう。

また、長距離の乗車にも追加料金が発生します。例えばセブシティからマクタン空港へ向かう場合には50ペソ(約103円)が要求されることが多いです。これはフィリピンのタクシー業界の決まりとして、自分の担当エリア外での営業が禁じられているため。これも必要な料金として支払わなければなりません。

追加料金でモメないための裏技

こちらから最初に追加料金を言ってしまうというという手もあります。あらかじめ追加料金が発生しそうだな、という場合には目的地を告げた後に、英語で「meter plus 50 piso, OK?」と聞いてみてください。目的地が遠かったり、渋滞が原因でメーターを使うのを嫌がる運転手でもこう言えば素直に乗せてくれることが多いです。ぜひお試しください。

セブ島のタクシーでチップは必要?

セブを含むフィリピンにはチップの習慣がありません。タクシーも同様で、セブ島でタクシーに乗車した際のチップは不要です。まれにチップを請求してくるドライバーもいますが、無視して構いません。

もちろん、現地のことを色々と教えてくれたとか、大きな荷物を運んでくれたとか、こちらが嬉しいと感じるサービスをしてくれたドライバーには気持ちとして少額のチップ(10~20ペソほど)を渡すと喜ばれます。

タクシーでは高額紙幣の使用はNG!?

セブ島では少額の支払いに対して高額紙幣(500,1000ペソ札)の使用は嫌がられます。乗車運賃の支払いをする際には100ペソ以下の少額の紙幣を用意しておいてください。タクシーだとお釣りがないと言われて1000ペソ札をそのまま持っていかれた、なんて話も。

空港で両替した直後で細かい紙幣がない時などには、タクシーに乗る前にコンビニなどである程度お金をくずしておきましょう。タクシーの運賃のお釣りがあまりにも少額の場合は、そのままチップとして渡すのもスマートな方法です。

セブ島のタクシーを利用するときの注意点

安くて気軽に利用できるセブ島のタクシーですが、フィリピン・セブ島は異国の地。万が一のトラブルに巻き込まれないためにも、それなりに気をつけなければなりません。セブ島でタクシーを利用する際の注意点をまとめました。

メーターが動いているか確認する

セブ島のタクシーの中には、メーターをあえて動かさずに高額の料金をふっかけてくる悪質ドライバーも存在します。また、メーターが見えないようにタオルなどで隠していたり、メーターはきちんと動いているものの、初乗りの料金が高額に設定されている、というタクシーもあるので気は抜けません。

タクシーに乗って目的地を告げたら必ず「Please use the meter」と伝え、メーターが動いたら40ペソからスタートしているかを忘れずに確認してください。もしこちらがメーターを使うように言っても聞いてくれない場合、そのタクシーはあきらめて別のタクシーを拾うようにしましょう。

タクシーの呼び込みには要注意

空港やショッピングモール周辺などで「タクシー、タクシー」と声をかけて観光客を呼び込むタクシーには要注意。確実に正規料金よりも高い料金を支払うはめになります。そもそもちゃんとしたタクシーは、専用の停留場でお客を乗せていきます。

タクシーを待つ行列の長さにビックリしても、そういったタクシーに乗るのはトラブルの元なので避けましょう。

タクシー内にドライバー以外の人がいないか確認する

過去に実際にセブ島で起こった事件で、乗客がタクシーに乗り込んで発車した後、前部のシートに潜り込んでいたドライバーの共謀者が武器を取り出し、金品を強奪するということがありました。以前に比べて治安が良くなり、こうした事件も少なくなってきたセブ島ですが、やはり気をつけすぎということはありません。

自分の身は自分で守るのが基本。「タクシーに乗り込む前に他に同乗者がいないか」、「どこかに身を潜めている様子はないか」、など確認する習慣をつけると安心です。

乗車前に目的地を伝える

東南アジアではタクシーの乗車拒否は当たり前で、ドライバーの行きたくない方面へはそもそも乗せてくれません。セブ島でもタクシードライバーの気分次第で「これ以上は行かない」、と言われて突然降ろされてしまうこともあります。必ずタクシーに乗り込む前に自分の目的地を告げて、そこまで行ってくれるかどうかをしっかり確認してください。

ドライバーとの会話は基本的に英語。日本語は通じません。とはいっても片言の英語で十分。目的地を単語で伝えるか、場所を示したものを見せれば黙って連れて行ってくれます。レストランやマッサージのチェーン店などで支店が複数ある場合、支店名もしくは地区名も一緒に伝えましょう。

万が一トラブルに巻き込まれたときの対処方法

どれだけ気をつけても、やはりトラブルに遭遇してしまうことはあります。

その際の被害を最小限にするための方法の一つが、タクシーの乗車前にナンバープレートを写真に撮っておくこと。写真を撮るときには、ドライバーに見えるように堂々とカメラを構えましょう。そうすることによってタクシードライバーにプレッシャーをかけ、滅多なことはできなくなります。

そして、絶対にケンカをしないこと。キツイ言葉もNGです。たとえタクシーでボラれたとしても、日本円でわずか数百円、高くても数千円。警察も旅行者の味方になってくれることは少ないので、どうしようもないときは潔く諦めましょう。

セブ島でタクシートラブルを避ける最善の方法!配車アプリ利用のススメ

ここまでセブ島でタクシーを利用する際の注意点を色々とお伝えしてきましたが、タクシーでのトラブルを避ける一番賢い方法は、タクシー配車アプリを利用することです。ここでは、タクシー配車アプリを利用するメリットと、その使い方をご説明します。

タクシー配車アプリ利用メリットその1:事前に料金が精算できる

タクシー配車アプリでは、事前に自分のクレジットカードを登録するので、アプリだけで運賃の支払いが完了します。事前に料金の目安も提示されますし、ドライバーとの煩わしい現金のやり取りが不要になるため、海外では本当にラク!実際の運賃は降車時に料金が確定した後、メールで詳細が送られてきます。

あらかじめタクシー料金の目安が利用者に伝わっているため、ボラれる心配がほとんどありません。さらに料金の詳細は本部にも同時に伝わるため、渋滞や長距離移動に関わる追加料金の支払いが不要なことがほとんどです。

また、タクシー配車サービスを提供している企業がドライバーの教育をしっかりしており、ドライバーの評価システムも導入されています。悪徳タクシードライバーが排除されているのも大きなメリットの一つです。

タクシー配車アプリ利用メリットその2:目的地を説明する必要がない

海外でタクシーを利用する際に、目的地がちゃんと伝わっているのか?という点が不安になりますよね。でもタクシー配車アプリを利用すればそんな心配も不要です。アプリを立ち上げて場所を検索すれば、自分の現在地とともに目的地までの最適ルートが提示されます。

そのルートは同時にドライバーにも伝わるため、ドライバーに説明しなくても目的地が共有されるんです。実際にアプリを利用すれば、ドライバーと一言も話さずに目的地までたどり着くことも可能!そして最適ルートが示されるので、わざと遠回りされることによって料金が上乗せされるという不正も防止できます。

タクシー配車アプリ利用メリットその3:どこでもタクシーを呼べる

セブシティの郊外に行くとタクシーを待たせておく必要がありますが、アプリを使用すればGPSを利用して自分の現在地までタクシーを呼ぶことができるため、その手間が省けます。もちろん、あまりにも辺ぴな場所だとタクシー配車アプリに登録している車が周りに1台もないこともありますが、観光で移動するエリアであればまず大丈夫。

また、タクシーを待つ人で込み合う時間帯でも、アプリでタクシーを配車すれば並ばずに帰ることができます。特にショッピングモールでたくさん買い物をしてホテルに戻る時に、長い行列に並ばなくても良いのは本当に便利ですね。

このようにタクシー配車アプリはメリットが盛沢山。もちろん、アプリを利用するには現地のSIMカードやレンタルWi-Fiなどを用意して通信環境を確保する必要があります。しかし、それ以外のデメリットはほとんどありません。何よりもセブ島でタクシーを利用する際の面倒事や「トラブルを避けることができる」、というのは本当に嬉しいですよね。

セブ島で利用できるタクシー配車アプリ:Uber

まず最初に紹介するのは2009年にアメリカで登場したUber(ウーバー)。世界55ヶ国250以上の都市で利用されているアプリです。実はUberで利用できる車はタクシーではなく一般の車。一般人が自分の車と空き時間を利用してサービスを提供しているんですね。

一般の人といってもUberに登録するには審査が必要で、車も2013年以降の新しい自動車に限られています。登録者に対する教育も行き届いていますので、セブ島で普通に走っているタクシーよりも上質の車とサービスを利用できます。日本で言うハイヤーを利用する感覚に近いです。

タクシーよりも若干割高ですが、せいぜい数十ペソの違い。セブ島でしっかりとした車で快適に移動したいという人にオススメです。ただし、セブ島では普及がまだそこまで進んでなく、登録台数が限られている点に注意が必要です。

Uberを利用するには、事前に自分のスマホにアプリをダウンロードし、電話番号とクレジットカードの登録が必要。ピックアップ場所がわかりにくい場合など、ドライバーから電話がかかってくることもあるため、現地のsimを用意しておいたほうが確実でしょう。

セブ島で利用できるタクシー配車アプリ:Grab

Grab(グラーブ)は2012年にマレーシアでスタートした配車サービス。現在、フィリピンを含む東南アジアの6ヶ国17都市で利用できます。UberとGrabの一番の違いは、Grabは一般人だけではなく通常のタクシーも利用できるという点。そのためセブ島では登録台数も多く、ボディに「Grab」とペイントされたタクシーをよく見かけます。

もちろん、Grabも登録の際にドライバーの審査がありますので、通常の白タクシーの中でもきちんとしたドライバーのみで構成されています。クレジットカードだけではなく現金での支払いも可能。ラッシュ時など時間帯によって料金は上下しますが、普通にタクシーを捕まえるよりも安くなることもあります。そのため、普通に白タクシーに乗るならGrabを利用したほうがおすすめです!

UberもGrabの使用方法

UberもGrabも実際の利用方法はほとんど変わりありません。アプリを立ち上げ目的地を入力すると、ルート・予想金額・近くにいる登録車が表示されます。一番近くを走っている登録車をタッチすると、ドライバーと車の情報が出てきますので、問題なければ配車を確定。やってきた車のナンバーを確認し、間違いなければ乗り込みましょう。

目的地はすでにドライバーに伝わっているため、何も言わなくても走り出してくれます。気をつけていただきたいのは利用者の現在地。配車決定時の現在地を目指してドライバーはやってくるため、配車後はその場を離れないようにしてください。また、スマホ上の現在地と実際の場所が異なる場合もあるため、確認が必要です。

セブ島でタクシーを上手に利用して、最高のセブ島旅行を楽しもう!

いかがでしたか?セブ島でタクシーを賢く利用するために気をつけるべき点をまとめました。

日本よりもはるかに安く利用できるため、セブ島旅行者でも気軽に利用できるセブ島のタクシー。しかしトラブルに巻き込まれる可能性が一番高いシュチュエーションでもあります。せっかくの旅行を台無しにしないためにも、今回ご紹介した点をしっかり押さえて、セブ島での移動に役立ててください。

特にタクシー配車アプリの利用はぜひオススメしたい方法ですので、この機会にしっかりと利用してみましょう。タクシーを上手に利用して、南の楽園セブ島でのリゾートバカンスを満喫してください!

RECOMMEND おすすめの記事