セブ島出発前ハウツー

セブ島のおすすめマリンスポーツ10選!初心者でも全力で楽しむコツ

セブ島旅行で欠かせないのが、透き通る美しい海とマリンスポーツ。本記事ではセブ島が初心者やマリンスポーツをやったことがない人でも、マリンスポーツにはどんな種類があるのか、参加する方法、注意点などをお伝えします!セブ島に旅行に行く前には必見です!!

セブ島はマリンスポーツにぴったりのリゾート地!

セブ島は7000以上あるフィリピンの島の1つです。日本から飛行機で約5時間、時差はセブ島の方が1時間ほど遅れています。

1年中温暖な気候のため、時期を気にせずマリンスポーツを楽しめるセブ島。ただし、雨季と乾季という違いがあり、マリンスポーツをするのにベストな時期は、海の流れが穏やかな5月〜12月の乾季となっています。

セブ島旅行が人気な理由の一つに、フィリピンの物価の安さがあります。フィリピンの物価はなんと日本の物価の3分の1。同じマリンスポーツでも日本でやるより安く楽しめます!この機会にぜひパラセーリングなどのアクティビティを楽しんじゃいましょう!

「セブ島・ベストシーズン」や「セブ島旅行・安い時期」について知りたい方はこちら!→セブ島旅行の安い時期っていつ?ベストシーズン&格安航空会社をご紹介!

セブ島でおすすめのマリンスポーツ10選!

マリンスポーツと一括りにしても、実は穏やかなものからスリル満点なものまで、その種類はとっても豊富!旅の目的と状況に合わせて、ぴったりのものを選択しましょう。

①マリンスポーツの定番!シュノーケリング

シュノーケリングといえば、マリンスポーツの大定番。セブ島の透き通った海では、砂浜近くでもたくさんの魚を見ることができます。ただし、近場だからといって油断は禁物。魚を追いかけて夢中になっているうちに、遊園禁止区域に入らないよう気をつけましょう。

  • 料金:約2,700円〜3,000円
  • 所要時間:約3時間

②気分爽快!ジェットスキー

日本語では水上オートバイと呼ばれています。風を切りながら進む爽快感が魅力です。ダイビングやパラセーリングなどといったのんびりとしているものとは異なり、激しいアクティビティです!

  • 料金:約6,000円〜9,000円
  • 所要時間:約30分

③家族旅行や女子旅におすすめ!バナナボート

セブを始め、日本の海でも大人気のバナナボートは約5人まで乗ることができるため、家族や友人みんなで楽しむことができます。飛ばされてしまわないよう、しっかり掴まりましょう!万が一誰かが飛ばされてしまった場合は、みんなで協力しながら再び乗せてあげましょう。

  • 料金:約2,000円〜約3,000円
  • 所要時間:約15分

④美しい海を上空から眺めるパラセーリング

モーターボートに引かれながら、空に舞い上がります。海を上から見るという、他のマリンスポーツとは違う目線からセブ島の海を眺められます。透き通った海を真上から見ることができるので、おすすめのアクティビティです。

  • 料金:約6,000円〜9,000円
  • 所要時間:15分

⑤ちょっぴりコントロールが難しい?フライボード

セブ島内で近頃人気なのが、このフライングボードです。最初からフライボードを乗りこなすのは至難の技。しかし、15分ほど経つとだんだんとコツがつかめるようになります!水圧だけで体が浮き上がる感覚にはまること間違いなし!

  • 料金:約8,000円〜10,000円
  • 所要時間:約30分

⑥水面を歩いている気分に。スタンドアップパドル

パドルの上に立つスタンドアップパドルというマリンスポーツは、まるで水面を歩いているかのような気持ちにさせてくれます。自分のペースでゆっくりと海の上をお散歩できるスタンドアップパドルは、夕方など空の景色の移り変わりを楽しむのもおすすめです。

  • 料金:約2,000円〜3,000円
  • 所要時間:約30分

⑦シーカヤックで家族や友人とおしゃべりしながら海を散策

日本でも定番のシーカヤック。自分のペースでゆっくりと、好きなところに進んでいくことができます。恋人や家族でおしゃべりしながら楽しむのがおすすめです。セブ島の透き通った海や、小さな岩礁などを間近で見ることができます。

  • 料金:約1,400円〜2,100円
  • 所要時間:約30分

⑧風を切る爽快感にはまること間違いなし!ウェイクボードに挑戦

バランスを取るのが難しいウェイクボードですが、大体の人が1日あればきちんと立てるようになります!マリンスポーツとはいえ、激しく動くのでストレッチは入念に!

  • 料金:約7,500円〜10,000円
  • 所要時間:約30分

⑨バナナボート以上のスピード感!スキーチューブ

バナナボート以上のスピードで縦横に振り回されるスキーチューブ。遠心力を使った動きはスリル満点です。

  • 料金:約2,600円〜3,900円
  • 所要時間:約15分

⑩ペダルボードでのんびり海をお散歩

自分たちの足で漕いで進んでいきます。あそこまで行ってみよう!とパートナーと相談しながら海の上をお散歩してみましょう。恋人との旅行などにもおすすめです!

  • 料金:約1,000円〜1,500円
  • 所要時間:約30分

セブ島でマリンスポーツに参加するには…

マリンスポーツに参加するには、オプショナルツアーに参加するか、個人手配をするという二種類の方法があります。それぞれのメリット・デメリットを把握し、最適な方法を選択しましょう。

【セブ島・現地オプショナルツアーについて知りたい方はこちら!】→【セブ島の現地ツアー比較】内容、流れ、料金を徹底解説します!

オプショナルツアーを利用する場合

セブ島のオプショナルツアーには送迎も含まれたものが多くあるため、そちらに参加してしまえば移動の個人手配の必要がありません。午前中のみや丸一日のツアーなど、様々な種類の中からご自身の希望に合うものを選びましょう。

<ツアー例>

09:00 ホテル出発
09:15 受付け、お支払い後に貴重品をお預かり
09:30 島に到着
10:00 バナナボート
11:00 スノーケリング
12:00 ランチ
13:00 バスに乗車
13:15 ホテル到着、解散
 

個人で行く場合

口コミなどで情報収集をし、できたら事前に予約しておきましょう。個人で行く場合には送迎はないので、そのお店への行き方や荷物の管理方法などきちんと情報収集をする必要があります。

その分、アクティビティーやご飯の時間がきちっと決められているわけではないので、自由に時間配分をすることができます。

セブ島でマリンスポーツを楽しむ際の持ち物まとめ

ホテルから移動をするからこそ、最小限に抑えたい持ち物。ツアーによっては貸し出し等あるかもしれませんが、マリンスポーツをする前にきちんと事前に調べ、忘れ物がないようにしましょう。

  • 日焼け対策グッズ・・・セブ島の日差しの強さは日本の約7倍と言われています。日焼け対策意外にも、自分の肌を守るために日焼け対策グッズは欠かせません。
  • 水中カメラorスマホの防水ケース・・・せっかく来たのだから、セブ島の美しい海を写真に残したい!そんな方にはゴープロなど水中でも使えるカメラやスマホの防水ケースを用意しておくのがオススメです!
  • タオル・・・持ち運べる小さなタオルと、待機時間などで役立つ大きめのバスタオルの両方あると便利です。
  • 少額の現金・・・カードが使えないお店もあるため、飲み物などの購入のためにも細かいお金を用意しておきましょう。

セブ島でマリンスポーツを楽しむ際の注意点

旅行とアクティビティーにはトラブルがつきもの。マリンスポーツに参加する際も、安全に楽しめるよう出来るだけ未然に防ぐように心がけましょう。

  • ビーチでの盗難・・・たくさんの観光客がいるからといって油断は禁物です。スマートフォンも安全なところに預けるか、防水ケースを購入し体に身につけて置きましょう。
  • マリンスポーツを予約する際の年齢確認・・・マリンスポーツの種類によっては、年齢制限が設けられている場合もあります。家族旅行で来たのに、お子さんが参加できない!なんてことがないように、事前に確認をしておきましょう。
  • 水難事故・・・海の流れが一見穏やかな日でも、セブ島の海には流れがあります。万が一に備え、必ずライフジャケットを着用しましょう。遊園禁止区域には入らない、飲酒後は泳がないなど、きちんとルールは守って自分の安全を守ることを心がけてください。
  • 格安ショップ・・・マリンスポーツをする際は、お店から機材等を借りる方が多いですが、あまりに格安のお店には気をつけましょう。格安ショップでは整備不良などのトラブルが起こりがちです。お店を選ぶときには口コミなどしっかりと情報収集し、信頼できるお店を見つけておくことが大切です。

セブ島のマリンスポーツを満喫しましょう

たくさんの種類のマリンスポーツを楽しめるセブ島は、日本からのアクセスがしやすく、1年中海で遊べるという理由で、多くの観光客が足を運んでいます。透明で美しい海でするマリンスポーツは、心に残る思い出になるでしょう。ただし、観光客が多いからといって、海外であるということを忘れず、情報収集をしトラブルを未然に防ぐことを心がけ、素敵な旅行にしましょう。

RECOMMEND おすすめの記事