セブ島出発前ハウツー

フィリピン・セブ島ってどこにあるの?基本情報から治安・豆知識まで徹底解説

近年行きたいリゾート地ランキングで上位にランクインしている「セブ島」は、東南アジアの中でも多くのツアー客が訪れる人気のリゾートアイランド。ビーチにショッピング、マリンアクティビティなどの様々な楽しみが満喫できて、カップルや女子旅、ファミリーでも楽しめるおすすめのリゾート観光エリアです。今回はそんなセブ島はどこにあるどんな島なのか、青く透き通るビーチがある島の魅力をご紹介します!

セブ島ってどこにあるの?

セブ島のあるフィリピンは、日本の隣の韓国、その真下に位置し、日本から最も近い東南アジアの国で首都はマニラ。7,000以上もの島があり、セブ島はその中のリゾート島の1つです。セブ島とマニラは一体どこに位置しているのでしょうか?

マニラは東京から約3,000km、セブ島は約3,200kmのところに位置しています。メインの観光地はセブ島のセブシティ。1番近い空港はマクタン島という別の島になりますが、セブ島とは橋でつながっていて、車で約1時間ほどで行くことができます。

セブ島ってどんなところ?

セブ島は素晴らしいビーチがいたるところにあり、平和的で友好的な人々が住むとても素敵な場所です。そんなセブ島はどんな島なのか見てみましょう。

セブ島の人口・面積

セブ島の人口は、およそ300万人です。面積は約4,442平方キロメートル。フィリピンの首都マニラに次ぐ大都市圏で、周囲にはマクタン島、バンタヤン島、マラパスカ島、オランゴ島などの小さな島々に囲まれています。

「セブ島全体の観光情報」について知りたい方はこちら!→セブ島でリゾートを満喫するための情報ガイド!おすすめホテル・ビーチ・楽しみ方・注意事項など

セブ島の言語

セブ島で使用されている言語は、セブアノ語、タガログ語、英語。セブ島民の80%もの人が英語を理解することができるので、セブ島は語学留学に行く日本人も多くいます。

困ったときの現地語フレーズについて知りたい方 はこちら!→セブ旅行初心者は必見!セブ島の言語と現地で役に立つフレーズ

セブ島の気温・気候

セブ島は1年中温暖気候なので、リゾートにぴったりな過ごしやすさが特徴です。

12月~5月頃は乾季なので雨の心配をせずにビーチで遊ぶことができます。特に前半の12月~2月は、とても過ごしやすく1年の中でツアーなどで訪れるならここがベストシーズンといわれています。後半の3月~5月は、太陽がジリジリと照り付けるセブ島の真夏にあたり、2月までと比べて1年のなかで最も雨が降らない、1番暑さの厳しいシーズンです。

かわって、6月~11月は雨季。この時期は強風や雨が多く、台風がくることもあります。やっかいなのは東南アジア特有のスコール。急にザーッと雨が降ってきて、傘をさしても全身びしょびしょになることも。雨季ですが温暖な気候ではあるので、服装は半袖・短パンでも問題ありませんが、注意しておきましょう。

セブ島・ベストシーズンについて知りたい方はこちら!→セブ島観光のベストシーズンは?貴重なアクティビティもご紹介!

セブ島の台風についてはこちら⇒セブ島の台風シーズンを楽しむには?情報&対策を徹底解説

セブ島への行き方

セブ島へは、フィリピン航空やバニラエアなどの航空会社が、東京(成田)と大阪(関空)から日本からフィリピンを結ぶ直行便を運航しているので、非常に便利な旅行先です。

日本→セブ島(直行便)

各直行便就航都市であれば、約5時間ほどでセブ島に到着します!

東京(成田)からセブ島

バニラエア(Vanilla Air) 東京(成田)午前>10:00発 – セブ島 午後14:30着(飛行時間:5時間30分)
フィリピン航空 (Philippine Airlines)

東京(成田)午前09:35発– セブ島 午後14:05着(飛行時間:5時間30分)

東京(成田)午後14:25発 – セブ島 午後19:00着(飛行時間:5時間35分)

大阪(関空)からセブ島

フィリピン航空 (Philippine Airlines) 大阪(関空)午後15:40発 – セブ島 午後19:00着(飛行時間:4時間20分)

セブ島→日本(直行便)

セブ島から東京(成田)

バニラエア(Vanilla Air) セブ島 午後15:20発 – 東京(成田)午後20:55着(飛行時間:4時間35分)
フィリピン航空 (Philippine Airlines)

セブ島 午前09:35発 – 東京(成田)午後14:05着(飛行時間:4時間30分)

セブ島 午後15:00発 – 東京(成田)午後20:30着(飛行時間:4時間30分)

セブ島から大阪(関空)

フィリピン航空 (Philippine Airlines) セブ島 午前09:15発 – 大阪(関空)午後14:40着(飛行時間:4時間25分)

日本→セブ島/セブ島→日本(マニラ経由)

セブ島にマニラを経由していくと直行便より安いですが、その分待ち時間が増えるのでトータルの移動時間は長くなります。直行便が就航している成田、関空、中部国際空港の3空港のほかに、羽田、福岡空港からの2空港からもアクセスができます。

LCCを含む多くの航空会社が就航しており、フィリピン航空や全日空をはじめ、セブパシフィック、ジェットスター等で現地へ行くことができます。

​セブ島と日本との時差は?

セブ島と日本の時差は、わずか1時間​。日本がセブ島よりも1時間早いので、日本が午後15時だとセブ島は午後14時ということになります。週末の弾丸旅行でも時差ボケしにくく、到着直後から観光を満喫することができます!

セブ島の治安

セブ島はフィリピンの中でも、比較的治安の良い観光エリアではありますが、過去には強盗などの危険な事件が発生しているので油断できません。日本のように女性1人の行動・夜間の行動には特に注意が必要です。

なかには、外国人観光客を狙ったスリや詐欺などもあるので旅行者としての節度を持った行動を心がけましょう。

セブ島・治安事情について知りたい方はこちら!→セブ島の治安って?これで安心!状況や注意点・対策方法まとめ!

マクタン島の繁華街エリア

美しいビーチで有名なマクタン島は観光客が多く、比較的安心なエリアです。セブ島のほとんどのリゾートホテルが、このマクタン島にあります。

マクタン島の昼は観光客が多く、外出しても基本的には問題がありません。また、夜はマリーナモールと呼ばれる空港に近いショッピングモールであれば観光客が多く安全ではありますが、それ以外のエリアは薄暗く特に1人で出歩くことはしない方が安心です。

また、夜になると高額な料金を請求してくるタクシードライバーも…ショッピングモール内から乗るタクシーはメーター料金で運転してくれるので、そちらから利用するのをおすすめします。

セブ島のリゾートエリア

リゾートホテル内は、基本的にはとても安全です。ただし、観光の際はタクシー移動をおすすめします。

セブシティエリア

大型ショッピングセンターや、ビジネスホテルがあるこのエリア。過去には大きな事件があったりと、スリやひったくり等の被害も発生しています。このエリアでは夜は外出を控えること、昼の観光にも基本的にタクシーを使い、外を出歩くことは避けることをおすすめします。

セブ島の衛生環境

 

リゾートホテルが立ち並ぶきれいな観光エリアやビーチも多いセブ島ですが、そうとは言っても東南アジア。衛生的に注意しておきたい点はたくさんあります。せっかくの旅行で病院で過ごすことになるなんてことがないように、知っておきたい情報です!

セブ島の屋台

セブ島では、ルンピア(春巻き)などのローカルフードが有名。繁華街や屋台では様々なおいしそうなものが目に付くでしょう。来たからには食べておきたいですよね?しかし、お腹の弱い方や海外になれていない方にはあまりオススメできません。

火が通っていたとしても、食べ物自体が新鮮でなかったり、長時間放置されていたり、安全でない可能性があります。しっかり火が通っているものを見極めて食べるか、せっかくだけれど食べないようにするのも安全のためには大切です。

セブ島の飲み水

セブ島にあるリゾートホテル内の水道水であっても、お腹をこわしてしまう原因になる可能性が十分あります。飲むのは絶対にやめましょう。特にお腹が弱い方は、歯磨きする際もミネラルウォーターを使用するのがおすすめ。ミネラルウォーターは、スーパーやコンビニ、ホテル内などで手軽に購入できます。

また、氷も注意です!大丈夫な方もいますが、特にお腹が弱い方はレストランでジュースなどの飲み物を頼む際、氷は抜いてもらうことをおすすめします。

セブ島のトイレ

基本的に、セブ島内のどこに旅行してもトイレ環境は整備されていないと思って下さい。大型ショッピングモールなどのトイレは使いやすいかなと感じるかもしれませんが、トイレットペーパーが用意されていないこともあります。

ティッシュペーパーやトイレットペーパーは携帯しておくことをおすすめします!

【セブ島・トイレついて知りたい方はこちら!】→セブ島のトイレはこれで完璧!フィリピン観光で困らないための情報まとめ

セブ島に行く前に知っておくと便利な豆知識

初めての旅行先だと、知らなくて困った!と感じることって案外多いですよね。そんなセブ島の旅行を安心に過ごすための豆知識です。知っておくだけで、すこしだけ心にゆとりのある旅行ができること間違いなしです!

セブ島での空港税

セブ島を出国するには、空港税が750ペソ(マニラ経由の場合は770ペソ)かかります。日本円、ドルなどの外貨は使用できないので、事前に準備しておきましょう!

セブ島のタクシー料金目安

セブ島のタクシー初乗り料金は40ペソ(約110円)なので、日本よりも断然安いところが魅力的です。

セブ島内の主要エリアへは、以下の料金を目安にしましょう。

  • セブシティー-マクタン空港:約150ペソ(約350円)
  • セブシティー-ビーチリゾート:約250ペソ(約650円)
  • マクタン空港-ビーチリゾート:約100ペソ(約250円)
  • マクタン空港-ITパーク:約200ペソ(約550円)

空港から出ている黄色いタクシーは通常のタクシーよりもメーターが高かったり(初乗り約70ペソ~)するので注意が必要です。空港からは、ホテルによっては無料送迎バスを運行している場合もあります。

フィリピン・セブ島で最高の休暇を!

 

セブ島がどこにあり、どんなところかを説明していきました。

フィリピン・セブ島は、安くて日本から近く、仕事でなかなか休めない方も週末を使って弾丸旅行でも楽しめる人気なリゾート旅行エリア。観光スポットがたくさんあるので、ツアーで訪れる方も多く、どんな人でも満喫できる素敵な観光地です。

とっても透明な青い海で、のんびりと過ごす休日。是非次の旅行の行き先は、セブ島にしてみてはいかがでしょうか?

RECOMMEND おすすめの記事