セブ島出発前ハウツー

【保存版】これだけは押さえたい!セブ島旅行に必須の持ち物まとめ

一年中常夏の楽園「セブ島」は、ビーチリゾートやマリンスポーツ、アイランドホッピングなどを満喫できる人気の旅行先です!セブ島へ旅行するときにこれだけは押さえたい、現地で必要な持ち物をまとめました!
海外旅行の定番の持ち物からビーチリゾートならではの持ち物まで、利用シーンに合わせて徹底解説していきます!

セブ島旅行に必須の3つの持ち物

海外旅行へ出かけるとき、絶対持っていく必要がある3つの持ち物を紹介します。忘れ物のないよう、何度もカバンの中を確認してから出発しましょう!

①現金

セブ島旅行には、現金が必要です。ホテルや大型店舗などではクレジットカードも利用できますが、日本と比べて使える場所、種類ともに限られています。観光の足となるタクシーも、支払いは現金のみ。

セブ島に着いたら、空港や街中の両替所で現地通貨をゲットしましょう。両替のときのコツとして、なるべく小額紙幣でもらうことをおすすめします。後になって高額紙幣しか持っていないと、お釣りが足りず受け取ってもらえない場合があるので注意が必要です。

セブ島の通貨や両替事情について知りたい方はこちら!→【セブ島】通貨まるわかり!お得な両替所からレート・物価まで!

②パスポート

海外旅行に絶対に必要なパスポート。セブ島は、渡航日から残存有効期間が半年以上あるパスポートでないと入国できません!パスポートの新規申請、更新ともに、手続きは1週間ほどかかるため、なるべく早めに有効期限は確認しておくようにしましょう。子連れの方は、子供のパスポートもチェックしておくことを忘れずに。

③海外旅行損害保険証書

現地でケガや病気をしたときのために、常に携帯しておくべき保険証書。病院で保険証書を見せれば、高額な医療費を請求されることもなく、手続きがスムーズに進みます。紛失が心配な場合は、コピーを持ち歩くのも1つの手です。いざというときのために、しっかり準備しておきましょう。

常夏のセブ島で必要な衣類

旅行のとき、もっともスペースを取るのが衣類ですよね。セブ島は一年中常夏なので、かさばる衣類も少なく身軽に旅行できるのが魅力です。基本的に衣類は必要最低限だけ持参しましょう。現地でリゾート感溢れるカラフルな服や小物をゲットすると、さらに気分が盛り上がるのでおすすめです!

Tシャツ、短パン、ワンピース

セブ島旅行では、Tシャツ、短パン、ワンピースがあれば基本的に十分。すぐ汗をかくので日数分は必要最低限持参し、もし足りない場合は現地で安く調達することもできます。
荷造りのときは、圧縮袋を使うとコンパクトにまとまります。100円ショップで手軽に購入できるので、少し多めに用意しておくと、現地で服を買って荷物が増えても困らずに済むのでおすすめです。

体温調節可能な羽織物

外は暑いですが、室内に入ると冷房がガンガンでむしろ寒いくらいです。室内の冷え対策はもちろん、外の紫外線対策にもなる薄手のストールやカーディガン、パーカーを持参しましょう。

暑さ対策に必須の帽子

セブ島旅行を楽しむためには、暑さ対策がとても重要になります。特に子連れの方は熱中症対策をしっかり行っていくようにしましょう。帽子は頭を強い日光から守れるので持っていくことをおすすめします。

下着類は少し多めに

海やプールに入ったり、街歩きで汗をかきシャワーを浴びたりすることも多いので、下着類は日数分より少し多めに持っていくと安心です。

水着

リゾートアイランドのセブ島は、海やプール、マリンスポーツなど、水着があると楽しめるアクティビティがたくさんあります!現地のモールでも、1000円未満でカラフルなかわいい水着が購入できますが日本人にはちょうどいいサイズが見つからないこともあるので、念のため1つは日本から持参することをおすすめします。

ビーチサンダル

ビーチやプール、街歩きにも便利なのがビーチサンダル。日本から持参してもいいし、現地のモールで1000円未満で購入することもできます。南国ならではのかわいいポップな柄のビーチサンダルは、お土産にも人気です!

セブ島旅行に必要な電子機器類

現地で情報収集したり思い出を写真や動画におさめたり、電子機器類もセブ島旅行に必須の持ち物です。重いのが難点なので、必要最低限だけ持参しましょう。

【セブ島の変圧器について知りたい方はこちら!】→セブ島の電圧からコンセントの形状を徹底解説します!

現地での情報収集に必要なスマホ

基本的にスマホ1台あれば、ホテルやカフェの無料WIFIを利用し、情報収集することが可能です。必要であればPCの持参も良いですが、何より重いので、情報収集だけが目的であればスマホ1台で十分です。

カメラ

旅の思い出をおさめる大事なアイテムですね!スマホのカメラだけでなく、一眼レフやGoproなどのアクションカメラを持っていたら、忘れずに持参しましょう。特にアクションカメラは、マリンスポーツやアクティビティのときに大活躍するのでおすすめします!予備バッテリーもそれぞれ準備しておくと便利です。

充電器

スマホやPC、カメラなど、それぞれの電子機器類の充電器は必ず持参しましょう。コンセントの形は日本と一緒なので、海外対応のものなら変圧器も必要ありません。

WIFIルーター/SIMカード

WIFIルーターは、日本もしくは現地の空港で主に借りることができます。もしSIMフリーのスマホを持っていれば、現地でSIMカードを購入するとよりお得なのでおすすめです。

【セブ島・Wi-Fiレンタルついて知りたい方はこちら!】→セブ島のWi-Fi環境は?レンタルは必要?現地のフリースポットやポケットWi-Fiレンタル5社の価格徹底比較!

セブ島旅行に必須の5つの日用品


特に肌に触れるものは、日頃使っているものの持参をおすすめします。セブ島で購入すると、日本人の肌には合わないことがあるので注意が必要です。液体物や刃物類は、機内持ち込みの容量が制限または禁止されているため、基本的にスーツケースの中に収納するようにしましょう。

①ビニール袋

ビーチやプールに行った後濡れたものを入れたり、洗濯物を入れたり、何かと便利なビニール袋。軽いし、かさばらないので、いくつか持参することをおすすめします。

②日焼け止め

紫外線が強いセブ島を旅行するときには必須の日焼け止め。セブ島でも購入可能ですが、刺激の強い成分が入っていて日本人の肌には合わない可能性もあるので注意!できれば日本から持参しましょう。ビーチやプールに行くことが多いので、ウォータープルーフのタイプがおすすめです。

③筆記具

入国審査の書類記入のときなどに、欠かせないアイテムです。ボールペン数本だけでも用意しておくと、機内や空港で慌てずに済みます。

④洗面用具

歯ブラシや髭剃り、シェーバーなどは普段使っているものを持参しましょう。シャンプーや石鹸は基本的にホテルに備え付けてありますが、念のため出発前にホテルのホームページで確認しておくと安心です。

⑤化粧品/生理用品

女子にとって重要な、化粧品と生理用品。特に化粧水などの基礎化粧品は、日焼け止めと同じく日本から持参しましょう。生理用品は、日本より安く小分けになって売られています。現地調達しできるだけ使い切ってしまえば、帰りも荷物にならず楽です。

セブ島旅行であれば便利な5つの持ち物

南国のセブ島旅行だからこそあれば便利な持ち物から、現地事情を考慮した上で持っていくべきものまで、5つ厳選しました。
より充実したセブ島旅行にするためにも、絶対に必要な持ち物だけでなく、あれば便利な持ち物もぜひ参考にしてください!

「オスロブ・ジンベイザメツアーの持ち物」について知りたい方はこちら!→オスロブツアーが大人気!魅力や注意事項など徹底解説

①トイレットペーパー

セブ島のトイレには、トイレットペーパーがないことが多いため、日本から持ち物として持っていくことをおすすめします。
おすすめの持ち運び方法は、芯を抜き平たく潰した状態で、念のため濡れないようジップロックに入れることです!だいぶコンパクトになるのでぜひ試してみてください。

また、水着の上に着て、そのまま海に入れるラッシュガードが1枚あると重宝します。日焼けや海でクラゲに刺されるのを防止するためにも有効です。

【セブ島・トイレついて知りたい方はこちら!】→セブ島のトイレはこれで完璧!フィリピン観光で困らないための情報まとめ

②スマホの防水ケース

ビーチやプールで、スマホが水に濡れる心配もなく楽しめます。特にシュノーケリングではお魚にたくさん出会えるので、貴重なシャッターチャンスを逃すことのないようぜひ準備しておきましょう。

③アイマスク/耳栓

飛行機やホテルで眠るとき、まわりが気にならずゆっくり休めるのでおすすめです。

④雨具

特に6月上旬から12月上旬までは雨季なので、雨具は常に持ち歩いていると安心。雨季といっても日本の梅雨のように一日中雨が降っているというより、1時間ほど激しく降るイメージです。 乾季は晴れの日が大半ですが、全く雨が降らないわけではないので、天気予報を確認しつつ持ち歩くことをおすすめします。

準備万端でセブ島旅行へ!

セブ島旅行の持ち物を5つの項目に分けて紹介しました。最後に持ち物チェックリストをまとめたので、出発前の最終確認にご活用ください!

必需品

  • 現金
  • パスポート
  • 海外旅行損害保険証書

衣類

  • Tシャツ、短パン、ワンピース
  • 羽織もの
  • 帽子
  • 下着類
  • 水着
  • ビーチサンダル

電子機器類

  • スマホ/PC
  • 充電器(スマホ、PC、カメラなど)
  • カメラ
  • WIFIルーター/SIMカード

日用品

  • ビニール袋
  • 日焼け止め
  • 筆記具

洗面用具

  • 化粧品/生理用品

あると便利な持ち物

  • トイレットペーパー
  • ラッシュガード
  • スマホの防水ケース
  • アイマスク/耳栓
  • 雨具

これだけ押さえれば、無駄なく必要最低限の持ち物で、身軽にセブ島を旅行できます!準備万端で、セブ島旅行をエンジョイしましょう!

RECOMMEND おすすめの記事