人気アクティビティ

ヒルトゥガン島を徹底ガイド!アイランドホッピングの定番スポット

セブ島の人気アクティビティ、「アイランドホッピング」を体験するなら絶対におすすめなのが「ヒルトゥガン島」!アクセスも良く、他のセブ島周辺の離島とは違った特徴を持つヒルトゥガン島への詳しい行き方と楽しみ方を紹介します。ヒルトゥガン島をツアーで観光する前に、ぜひ知っておいてほしい情報もまとめたので、参考にしてください!

ヒルトゥガン島ってどんな島?

ヒルトゥガン島は人口1000〜2000人の小さな島です。海洋保護区に指定されている周辺の海は、セブ島随一の魚の宝庫でダイビングやシュノーケリングに大変おすすめの場所となっています。

マクタン島からの行き方は船に乗って20分と、「パンダノン島」など他のアイランドホッピングで人気のセブ島周辺の島と比べ、ヒルトゥガン島はダントツでアクセスが良いのも、ヒルトゥガン島がツアーにおすすめな理由の一つ。移動中も、風を感じながら美しい海をバックに写真撮影をしているとあっという間に到着します!

ヒルトゥガン島は、セブ島周辺の海で随一の魚の種類、数を誇っており、シュノーケリングやダイビングでたくさんの魚と出会う体験ができます!ヒルトゥガン島に上陸すると現地人のローカルな生活の様子を垣間見れるため、ヒルトゥガン島ツアーは文化体験としても人気で、家族連れの方々にもおすすめ。シュノーケリングの費用150ペソに入島料も含まれているため、追加料金を払うことなく観光が可能となっています。

ヒルトゥガン島には、「ヒルトゥガン島」というメインの看板がある入り口から入ったところに、100人規模のレストランが1つあります。島の入り口とレストランを結ぶ桟橋は、アイランドホッピングツアーで人気の写真スポット!実はもう1つ島の入り口があり、ヒルトゥガン島の横の船着場から上陸するとすぐ村に着きます。どちらの港から上陸しても、全て陸続きなので簡単に行き来することができるので覚えておきましょう。

ヒルトゥガン島への2つの行き方

ヒルトゥガン島へはマクタン島から船で向かうのですが、主に2種類の行き方があります。旅行者はアイランドホッピングツアーの利用が一般的ですが、費用を抑えたい人向けに自力で向かう行き方も紹介します!

自力で船を手配する行き方

ヒルトゥガン島に何度も観光したことのある人や、セブ島に長期滞在中の人は、アイランドホッピングツアーではなく自力で船の手配をする行き方を選択することが多く、現地人と英語や現地語(タガログ語)で交渉するので、観光をよくする人や英語に自信のある人におすすめです。マクタン島には船会社がいくつもあり、人数や交渉次第ではお得に!自力で手配する際の方法を紹介します。

1つ目は、事前にマクタン島の船会社に電話で予約を取る方法です。英語か現地語で頑張って交渉しましょう。

2つ目は、直接マクタン島の港に行き、当日船のオーナーか船長と交渉する方法です。ヒルトゥガン島を観光したい旨を伝え、料金や船の手配の手続きに進みます。

どちらの方法でも料金の相場は一緒。ヒルトゥガン島までの相場は、10人乗りの小型ボートで2000〜3000ペソ。操縦士とスタッフ1、2名分の料金も含まれています。船の料金は行き先の島によって変わるので、最初にしっかり確認するようにしましょう。

交渉をうまく進めるためにも、事前に相場は頭の中に入れておくことが重要です。交渉のときの注意点として、料金に含まれるオプションの内容をしっかり確認することをおすすめします。あとになって「話が違う!」といったトラブルを防ぐためにも、最初にどこまで料金に含まれているのかを確認、追加料金は払わないという意思表示をあらかじめしておきましょう。

そして何と言っても交渉で大事なのは笑顔!お互い笑顔で気持ちよく交渉を進められるよう心がけることが大切です。

ツアーの参加方法

観光したいと思っている人の多くは、日本から旅行会社のツアーに申し込んで行きます。ヒルトゥガン島ツアーの料金の相場は、10,000円前後。日本語で申し込みができ、船会社とのトラブルも避けられるので安心です。

ヒルトゥガン島ツアーには、通常ホテルの往復送迎、船の手配、島へ上陸するための手続き、入島料、ランチも全て含まれています。船上でのランチや島でBBQなどが体験できるのもおすすめポイントの一つ。現地在住の日本語ガイド付きのツアーだと、おすすめのレストランやお土産、穴場の観光スポットなど、セブ島全体の観光のアドバイスももらえるので嬉しいですね。

ヒルトゥガン島ツアーでは、他のセブ島近隣の島と組み合わせて2つほどアイランドホッピングで訪れるケースが多いです。ヒルトゥガン島+アイランドホッピングで人気の無人島「ナルスアン島」や、ヒルトゥガン島とお隣の「ソルバ島」などの組み合わせができます。

ツアースケジュール例

  • 06:30 ホテル集合
  • 08:30 コルドバ港からバンガーボートに乗ってアイランドホッピング!
  • 09:30 ナルスアン島でフォトジェニックな写真をパシャり♪
  • 10:30 ナルスアン島でシュノーケリング&ダイビング体験
  • 11:30 綺麗な海を眺めながら船上ランチ
  • 12:30 ヒルトゥガン島海洋保護区周辺でカラフルな魚と感動シュノーケリング&ダイビング体験
  • 14:00 マクタン島の港に到着
  • 16:00 【プラン1】予約必須の人気『マッサージ・スパ』で下車
  • 16:00 【プラン2】セブ島最大のショッピングモール「アヤラ・テラス」で下車
  • 16:00 【プラン3】セブ島でカジノ体験できる高級ホテルで下車

ヒルトゥガン島の4つの楽しみ方

ヒルトゥガン島ツアーの代表的な楽しみ方を4つ紹介します!

シュノーケリング

海洋保護区に指定されているヒルトゥガン島は、セブ島随一の魚の数と種類を誇り、おすすめのシュノーケリングスポットです。それは、セブ島全体でもNO.1シュノーケリングスポットとして人気を集めているほど。
ヒルトゥガン島では、2つのタイプのシュノーケリングが体験でき、浅いエリアでも、色鮮やかな魚たちとたくさん出会えるのも人気の理由の一つ。シュノーケリング初心者や海が苦手な人も、ライフジャケットを貸し出してもらえるので、安心してシュノーケリングが楽しめます。パンなどの魚の餌を手に持っていると、たくさんの小さい魚たちが手で触れられるほど近くまで寄ってきてくれます。

一方、深いエリアでは大きい魚も見ることができ、迫力満点!2つのエリアのそれぞれ違った魅力をぜひ体験してみてください。

ダイビング

ヒルトゥガン島周辺の海は抜群の透明度で遠くまで見渡せる海なので、シュノーケリングだけでなくダイビングも人気。世界中のダイバーも唸らせるほどの美しいサンゴと熱帯魚が迎えてくれます。

ダイビングライセンスがある人はもちろん、ライセンスがない人も体験ダイビング付きのツアーを利用し、ぜひ体験することをおすすめします!より深いところまで潜れるダイビングならではの神秘的な海の世界は圧巻。浅瀬では見られなかった大きな魚の群れが見られる体験ができるのも、ヒルトゥガン島のダイビングが人気の理由です。

セブ島周辺でしか中々見ることのできない、アジの仲間でも最大種の「ロウニンアジ」の群れに出会える体験はヒルトゥガン島でダイビングすることをおすすめする理由の1つです!大迫力な光景が目の前に広がり感動すること間違いなし!

島内散策

ヒルトゥガン島ツアーでは、周辺の海でシュノーケリングだけ体験し、ヒルトゥガン島には上陸しないツアーも多いです。マリンアクティビティだけでなく、アイランドホッピングツアー中機会があればぜひ体験することをおすすめするのが島内を観光することです。「パンダノン島」や「ナルスアン島」などといった、セブ島周辺の観光に特化した島々と違い、ローカルで素朴な雰囲気が漂う村が広がっています。

学校では、元気な子供たちの笑顔に出会うこともでき、ヒルトゥガン島ならではの雑貨などのお土産も購入できるので、ぜひチェックしてみてください!セブ島のように開発された観光地ではないのでリゾート感はありませんが、のんびり島内散策しながら島民の生活を垣間見る体験ができるのも、ヒルトゥガン島ツアーのならではです。文化体験も兼ねて、家族連れで訪れるのもおすすめです。

アイランドホッピング

ヒルトゥガン島ツアーでは、セブ島周辺の島も一緒に観光するアイランドホッピングがおすすめです。お隣の「ソルパ島」や、アイランドホッピングでも人気のリゾートアイランド「ナルスアン島」など、1日で2島訪れるケースが多いです。ツアーを利用すれば、より手軽にアイランドホッピングを体験できるのでおすすめ!それぞれ違った島の特徴を楽しめるのが、アイランドホッピングツアーの最大の魅力ですね!

ヒルトゥガン島とあわせて訪れたい島

アイランドホッピングで、ヒルトゥガン島とあわせて楽しめる離島を2つ紹介します!

ナルスアン島

ヒルトゥガン島との組み合わせでは一番相性が良く、アイランドホッピングツアーで人気のナルスアン島。ヒルトゥガン島は、マクタン島とナルスアン島のちょうど間に位置しているため、観光しやすい場所にあります。ナルスアン島は、長い桟橋がランドマークのリゾートアイランド。エメラルドグリーンの海と青い空をバックに続く長い桟橋は、インスタ映え必須のおすすめ写真スポット!

観光向けに開発されたリゾートアイランドだけあって、レストランやトイレ、宿泊施設など、設備はしっかり整っています。一周30分ほどの小さな島なので、気軽にアイランドホッピングツアーの限られた時間でも島内散策を体験できるのが良いですね。長い桟橋付近は海の透明度も抜群!絶好のシュノーケリング&ダイビングスポットなので、たくさんの魚に出会えるのもナルスアン島がアイルランドホッピングツアーで人気な理由の一つになっています。

一方、桟橋の逆側は遠浅の海なので、シュノーケリングやダイビングよりビーチやハンモックでのんびり過ごすのがおすすめです。

【ナルスアン島について知りたい方はこちら!】→ナルスアン島を徹底ガイド!セブから日帰りできる自然豊かな無人島

ソルパ島

マクタン島から最も近い島で、10〜15分ほどで着き、ヒルトゥガン島からも10分ほどで着ける好立地が特徴。ソルパ島は無人島で、オランゴ島の人が管理しています。遠浅の海なのでシュノーケリングやダイビングはできませんが、引き潮のときはすぐ隣のオランゴ島まで歩いてアイランドホッピングができます。

ソルパ島のおすすめの過ごし方は、島内ビーチでのBBQランチ!ツアーで訪れる場合は、コテージを借りるのが一般的です。お酒を飲みながら美しい海のそばで楽しむBBQは、最高!

ヒルトゥガン島の注意事項

ヒルトゥガン島を楽しむために、ツアーの前に知っておきたい注意事項を5つ紹介します。

飲食物の持ち込み禁止


ヒルトゥガン島内には、事前に購入した飲食物の持ち込みが禁止されていますので要注意!島内のレストランや売店を利用するようにしましょう。

虫除け対策

セブ島周辺の島、特にヒルトゥガン島やソルバ島は虫が多いです。上陸する場合は、虫除けスプレーなどを持参することをおすすめします。

日焼け止め

ヒルトゥガン島を含む、セブ島周辺の島は非常に日差しが強いので、日焼け止めやサングラスはツアーに必須。海に着たまま入れるラッシュガードも1枚あると便利です。

現金の用意

ヒルトゥガン島に上陸すると、島ならではのかわいい雑貨やココナッツジュースを購入できます。クレジットカードは基本的に使えないので、あらかじめ小額紙幣や小銭をホテルにいるときに用意して持参しましょう。

物売り&ぼったくり

ヒルトゥガン島でたびたび問題になっているのが、物売りです。アイランドホッピング中に上陸しなくても、船に乗り込んできて魚介類や土産物を売りにきます。上陸した場合も、しつこい物売りが多く、ぼったくりとも言える高額な値段を要求されることがあります。特に日本人観光客ははっきり断れず、ターゲットにされてしまう傾向があるので、興味があれば購入しても良いですが、はっきり断ること、値切ることも観光では大切だということを覚えておきましょう。

アイランドホッピングでヒルトゥガン島へ!

セブ島随一の魚の数と種類を誇る、ヒルトゥガン島。シュノーケルやダイビングはもちろん、島内散策でローカルな島民ライフを覗くアイランドホッピングツアーに行くのもおすすめです!マクタン島から船で20分、他の離島へのアイランドホッピングの相性も抜群の島。セブ島旅行でアイランドホッピングをする際は、絶対に外せないおすすめ観光スポットです!

また、アイランドホッピングに関するよくある質問をまとめた記事▶「セブ島でアイランドホッピング!よくある質問まとめ」もあわせてご覧ください。

RECOMMEND おすすめの記事