人気アクティビティ

セブ島アイランドホッピング・必須の 持ち物&注意点​

セブ島のアイランドホッピングは観光ツアーで行けば、荷物一つで参加できる気軽なアクティビティです。しかし、流石に手ぶらではセブ島観光に行けません。アイランドホッピングで行く島々は離島なので足りないと気付いたものがあっても中々買えないことも。そこでこの記事では、セブ島のアイランドホッピングツアーで困らないために必要な持ち物を紹介していきます。

セブ島・アイランドホッピングとは?

フィリピンのセブ島周辺の海には、大小さまざまな島が浮かんでいます。セブ島周辺の島々を船をつかって観光するツアーがアイランドホッピング。

フィリピンのセブ島周辺の島々には無人島も有人島もありますが、どの島もとても綺麗な海が広がっています。また島民の生活も都市部とは違うほのぼのした雰囲気でどこか懐かしい気持ちになります。雰囲気も島によって異なりますので、好きな行先の船を選んで、フィリピンの離島でアイランドホッピングをしましょう!

「セブ島・ベストシーズン」や「セブ島旅行・安い時期」について知りたい方はこちら!→セブ島旅行の安い時期っていつ?ベストシーズン&格安航空会社をご紹介!

セブ島・アイランドホッピングに必要な持ち物

これから、セブ島のアイランドホッピングツアーにおすすめの持ち物を紹介していきます。ぜひ、旅行するときの参考にしてみてください。

サンダル

足元はサンダルが一番です。アイランドホッピングで観光するために島に上陸する際、桟橋などないタイプの島もあります。その場合、浅瀬に船を止め、そこから歩いて上陸ということになります。足が海水に浸かることもあり、歩きやすいからとスニーカーなどを履いていると、いちいち靴を脱がななければならず不便です。荷物を少なくするという意味でもビーチサンダルがおすすめです。

タオル

少し大きめのタオルが持ち物にあれば、汗や海水で濡れた体を拭くのにはもちろん、砂浜にひいてラグ代わりにもできます。かといってバスタオルは大きすぎて荷物になってしまうので、スポーツタオルくらいのサイズをおすすめします。また、海から上がって体を拭くとタオルがかなり濡れてしまうので、できれば2枚以上あるといいですね。

水着

セブ島周辺の島々にアイランドホッピングするときは、海でアクティビティを行うことが多いので欠かせない持ち物です。ツアーで観光する前にあらかじめ着ているとスムーズに準備できるのでおすすめです。

ラッシュガード

アイランドホッピングツアーで訪れるセブ島周辺の島々は日差しが強いので、ラッシュガードを旅行の持ち物に入れておけば、日焼け対策&船上での防寒対策になりますし、クラゲ対策にも効果があります。クラゲは海中でのアクティビティ中、注意しててもいつの間にか刺されてしまうこともあり、特に雨の後に出やすいようなので気をつけてください。

サングラス

観光ツアーで訪れる、フィリピンの海の日差しはとてもきついです。また白い砂浜は、より反射をするのでかなりの刺激になり、目を傷める原因にもなりますので、サングラスは旅行の持ち物に必ず入れておくことをおすすめします。

酔い止め

セブ島のアイランドホッピングは、揺れの少ない、アメンボのような形をしたフィリピンの伝統的なボートに乗っていきますが、やはり海なので波が高くなることもあります。酔いやすい人は酔い止めを旅行の持ち物に入れておくと安心です。

トイレットペーパー

セブ島およびその周辺の島々にあるトイレには、トイレットペーパーがないことが多いです。ポケットティッシュだとすぐになくなってしまうので、旅行の持ち物の中にトイレットペーパーを入れておくのがおすすめ。アイランドホッピングにかかわらず、セブ島観光ツアーに出かける際にはトイレットペーパーを荷物に入れておくといいですね。

水中カメラ

アイランドホッピングツアーによってはレンタルできることもありますが、自前のものを旅行の持ち物にしていってもよいでしょう。シュノーケルやダイビングで魚を写したり、ツアーガイドに渡せば、海でシュノーケルを楽しむ姿も撮ってもらえます。透明度の高いとても綺麗な海なので、写真も綺麗に映ります。

羽織る物

海からあがると意外に寒い事があります。薄手の長袖を1枚くらいはツアーの旅行の持ち物に入れておきましょう。

着替え

船の上では水着でOKですが、帰りのタクシーなどでは海で濡れた水着では乗れません。着替えを用意しておいてください。

セブ島・アイランドホッピングにいらないもの

現地で準備できる持ち物もありますので、それらをこれから紹介していきます。

シュノーケルセット

アイランドホッピングツアーに参加すれば、シュノーケルセットは必ずツアー会社が用意してくれます。ただ、他人の物を使いたくないという方は持ち物として持っていくことをおすすめします。

昼食や飲み物

基本アイランドホッピングツアーに含まれています。ツアー会社の説明が不十分でしたら事前に確認してください。食べたいおやつは旅行の持ち物に入れてもいいですが、飴やチョコレートは溶けるので注意が必要です。

セブ島・アイランドホッピングの注意点

日差しに注意

セブ島の海の日差しは本当に強いです。日本の夏に行けば少しは耐性が付いているかもしれませんが、日本が涼しい時期にセブ島を観光すると、そのギャップに体調を崩しかねません。日焼け止め、帽子、サングラスはアイランドホッピングツアーに必ず持っていくことをおすすめします。

水着は着て出かけよう

アイランドホッピングツアーの持ち物を見てみると、水着と書いてあるかと思いますが、港に更衣室がありますが、混みあっていたり、またあまり衛生的ではなかったりするので、できれば水着は持ち物にするより着て行くことをおすすめします。。

水は持っておこう

セブ島のアイランドホッピングツアーではドリンクが用意されていますが、自分でも安全な水を持ち物として持参することをおすすめします。アクティビティでは思いっきり体を動かすので、水分補給はとても大切。

船のトイレ

セブ島周辺の離島にあるトイレは汚く不衛生なことがあるので、なるべく船のトイレを利用した方がいいでしょう。

カメラの防水ケース


本格的な水中カメラがなくても、最近はスマホを防水ケースをいれて撮影ができます。セブ島でもケースを購入することはできますが、欠陥品の場合もけっこうあります。日本で購入したものを持ち物として持っていくことをおすすめします。

ツアー参加日は旅行中の真ん中がおすすめ

セブ島に着いたばかりですと、体調や現地の天気の様子がわかりません。渡航してすぐの場合なら、たとえ体調を崩してしまったり、思っていたより波が高くて海に入れなかったりしても、キャンセルに間に合うことがあります。一方で旅行の最終日での参加は、帰りの渋滞がひどく飛行機に間に合わなくなってしまうのでやめた方が無難です。なので、ツアー参加は時間のゆったりとれる真ん中あたりをおすすめします。

セブ島アイランドホッピングの持ち物まとめ

セブ島周辺の島々を巡るアイランドホッピングツアーは、とても綺麗な海が楽しめるセブ島で1番おすすめのアクティビティです。観光に必要な持ち物も、身に着けてしまえばあとはそんなに荷物になりません。気軽にフィリピンのアイランドホッピングツアーに参加してくださいね!ツアーの価格も手ごろなので、きっとアイランドホッピングツアーに満足すること間違いなしです。

RECOMMEND おすすめの記事