人気アクティビティ

【スミロン島】セブで一番の透明度!絶景の楽園を完全ガイド

セブ島最南端のオスロブから、ボートでわずか15分の「スミロン島」!実はセブでNO.1の透明度を誇る海が満喫できるんです!シュノーケリングやダイビング、ホテルのデイユースプランまで、あらゆる楽しみ方ができます。せっかくセブまで旅行に来たら絶対に訪れたい「スミロン島」の観光完全ガイドをまとめました!

スミロン島の3つの魅力

スミロン島が訪れた人を引きつけて離さない理由とは?3つの魅力とともに徹底解説していきます!

大自然とセブで最高レベルの透明度を誇る海

スミロン島で一番の魅力は、何と言っても手付かずの美しい大自然です。 「こんな美しい海見たことない」と言葉を失うほどの美しさ。抜群の透明度を誇るエメラルドグリーンの海は、観光に訪れる人を一瞬で魅了します。ジンベイザメに会いにスミロン島へ行く人も少なくありません。

実は海だけでなくトレッキングやアイランドホッピングなどでも人気のスミロン島。東京ドーム約5つ分のコンパクトな島なので、歩いて探索できるのも魅力の1つです。緑豊かな島で大自然を感じながら、冒険に出かけてみてはいかがでしょうか?

オスロブからボートでわずか15分!

ジンベイザメとシュノーケリングが楽しめる、セブ島最南端のオスロブ。実は、人気観光地のオスロブからスミロン島まで、ボートでわずか15分の距離なんです! ジンベイザメと遊んだ後は、スミロン島の青い海を眺めながらビーチでのんびりなんていうプランも組めちゃう好立地。 スミロン島までのボートは、風が気持ちよく開放的。船から海をよく見ていてください!だんだん色が変わっていくのに気づくはずです。

【オスロブの魅力について詳しく知りたい方はこちら!】→セブ島でジンベイザメと泳ぐツアー!5つの魅力をご紹介

家族で楽しめる!

家族旅行でセブに遊びに来たなら、お子さんも一緒にビーチを楽しみたいですよね。 スミロン島のビーチはフィリピンでは珍しく、浅瀬で波も穏やかなので、お子さん連れも安心です。泳ぐのが苦手な人も、スミロン島なら海を気軽に楽しめます。 家族みんなで安全に楽しくビーチを満喫するにはぴったりのスポット。家族みんなでアイランドホッピングはいかがでしょうか?

スミロン島の行き方

スミロン島へは、主に3つの行き方があります。

自力で行く

全て自力でたどり着いた後に眺める絶景は、さらに感動すること間違いなし! フィリピン人と英語か現地の言葉で交渉する必要があるため、旅行に不慣れな人にはハードルが高いかもしれません。英語に自信がある人、冒険したい人は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

セブシティ「南バスターミナル」からオスロブまでは、バスで約3時間半。料金はエアコンが付いているかどうかで変わってきます。エアコン付きは150〜180ペソ、エアコンなしは100〜140ペソです。オスロブからスミロン島は所要時間15分。ボートをチャーターして向かいます。片道一隻約2000ペソですが、人や時期によって変わるので、根気強く交渉する必要があります。

デイユースプランを利用

セブシティ「南バスターミナル」からSumilon blue wataer Pierまで向かいます。オスロブより手前で降りる必要があるので注意しましょう。

オスロブからスミロン島は、デイユースプランに含まれた船の送迎を利用します。

ツアーに参加

オスロブのツアーの中には、ジンベイザメとのシュノーケリングの後、スミロン島も訪れるツアーが非常に多く、人気のコースになっています。ツアーを利用すれば、ジンベイザメも、スミロン島の海も1日で楽しめてとってもお得!遊び疲れた後も、セブ市内のホテルまで送迎が付いているため、寝て起きたらホテルに到着できてとっても楽です。

スミロン島ツアーは、ジンベイザメとのシュノーケリングとセットになっています。何と言ってもスミロン島ツアーの魅力は、オスロブでのジンベイザメとのシュノーケリングと、スミロン島のアイランドホッピングが、1日で楽しめちゃうこと!遭遇率が驚異の99%のジンベイザメとのシュノーケリングは必見です。

スミロン島では、透明感抜群の海で色鮮やかな魚やサンゴが迎えてくれ、ガイドは現地在住の日本人なので、安心感がありスムーズにツアーが進みます。スポットの穴場情報や、写真撮影スポットも教えてくれます!

ツアーのおおまかな流れ

  • 4:00 ホテル出発!送迎がある嬉しいサービス!
  • 8:30 オスロブへ到着
  • 10:00 ジンベイザメとも泳げちゃう!シュノーケリング (GoProのレンタルもおすすめ!)
  • 11:30 ランチでフィリピン料理を堪能。ランチ後はスミロン島へ移動!
  • 15:00 スミロン島滞在でリフレッシュ♪日々の疲れが飛んじゃいます!
  • 19:30 楽しかったツアーも終了。セブ島市内のホテルまで送ってくれます!

セブ島に行くからにはぜひジンベイザメと一緒に泳いでみてはいかがでしょうか。ツアーで行くと、ランチや送迎が付いてくるので安心していけちゃいますね!GoProをレンタルしてこの旅行を一生の思い出にしちゃいましょう♪

スミロン島のホテルなど宿泊施設は?

 

ブルーウォーターホテルがスミロン島を買い取ったため、ホテルは「ブルーウォーターホテル」しかありません。島内唯一のホテルであるブルーウォーターホテルは、お部屋も15部屋のみで、お値段は1泊約2万5千円〜。フィリピンにしては少しお高め。

しかし、スミロン島ではとてもレアなホテル滞在だけあって、ラグジュアリーなリゾートホテルの特別感を満喫できます。コテージの目の前に広がる海を眺め、風の音を聴きつつソファーやハンモックにごろん。海でたくさん遊んだ後は、のんびりホテルステイを楽しみながら1日を終えられるなんて、最高ですよね!ビーチリゾートならではの優雅な時間を過ごすには、ぴったりのホテルです。

日本でも話題のグランピングが楽しめるのも。ブルーウォーターホテルの特徴。 グラマラス(魅力的な)とキャンピング(キャンプ)を掛け合わせ、自然の中で豪華なホテルレベルの滞在が楽しめるのが魅力です。自然環境で必要な生活の知恵や料理のスキルを、キャンプの経験豊富なスタッフから学べます。人と違ったリゾートステイを楽しみたいなら、グランピングは必見です!

スミロン島の3つの楽しみ方

スミロン島を訪れたら、これだけは絶対押さえたいアクティビティを3つ厳選したので紹介します!

「セブ島・ベストシーズン」や「セブ島旅行・安い時期」について知りたい方はこちら!→セブ島旅行の安い時期っていつ?ベストシーズン&格安航空会社をご紹介!

ダイビング

セブでNO.1の透明度を誇るスミロン島で、絶対に外せないアクティビティがダイビングです!世界中のダイバーたちを魅了しているスミロン島の海。いざダイビングで潜ると、透明度が抜群に良いので、遠くまで色鮮やかなサンゴや熱帯魚が見渡せます。サンゴをよく観察していると、金色のアイシャドーが特徴の、ゴールドスペックジョーフィッシュがひょっこり顔を出していることも!とってもかわいいのでぜひ探してみてください! 写真だけでは伝わらない、大迫力で神秘的な海の世界。ダイビングが初めての人も、ぜひこの機会に挑戦してみては?

シュノーケリング

より気軽に海の世界を覗いてみたい人には、シュノーケリングを体験してみましょう!年齢性別問わず楽しめる、スミロン島の人気アクティビティです。 泳げなくても大丈夫!専用のゴーグルとライフジャケットを装着したら、あとはプカプカ浮いているだけで楽しめます。スミロン島へ向かう港では、シュノーケリングセットのレンタルが可能。ひとたび海中を覗くと、カラフルな魚たちが迎えてくれますよ! シュノーケリングといえど、スミロン島は期待を裏切りません!透明度が高いので、浅瀬でも十分サンゴや魚が鑑賞できます。有名映画の主人公、オレンジと白のシマシマ模様の魚に出会えるかも?

スミロンブルーウォーターのデイユースプラン

スミロン島唯一のホテル、『スミロンブルーウォーター』では、日帰りの観光客のためにデイユースプランを提供しています。なんと1日1500ペソで使い放題!遊び疲れたときは、ホテルのラウンジで一休みできます。荷物を預けたいときはロッカーの利用が可能。

デイユースプランの魅力はまだあります!実は、シュノーケリングやカヤックなど、アクティビティのレンタル代も含まれていてとてもお得。さらに、船の送迎サービスも付いているので、より気軽にスミロン島を訪れることができます。

デイユースプランのサービス内容

  • 島への送迎
  • レストランでのランチ
  • ホテル利用(シャワー・プール・プライベートビーチ)
  • アクティビティ (マスク&シュノーケリングセット、カヤック、魚への餌あげ、島散策)

スミロンブルーウォーターの周辺は緑や青い海に囲まれ、落ち着いた雰囲気。スミロン島で南国のリゾート感をあじわいリラックスしたい人には、ぜひデイユースプランを利用してみてください!

スミロン島へ持っていくべき5つのアイテム

旅行のときはつい心配であれこれ持って行きがちですが、結局使わなかったり、むしろあればよかったと後悔することも多いのではないでしょうか。今回は、スミロン島を楽しむために、あれば便利なアイテムを5つ厳選し紹介します!

現地でも購入可能ですが、移動中もすぐ喉が乾くので、事前に準備しておきましょう! シュノーケリングで海水を飲んでしまうこともあるので、サッと口をゆすげるよう用意しておくと安心ですね。

トイレットペーパー

セブ島はトイレにトイレットペーパーが備え付けられてない場合がほとんどです。 ちょっと何か拭きたいときも、ポケットティッシュをいくつも持っていくことなく、トイレットペーパー1ロールあれば全てカバーできます。 あらかじめ芯を抜いて平らに潰し、念のためジップロックに入れて持ち歩くと、かさばらずに済むのでおすすめです。旅行へ行く際にはセブ島に限らずぜひ試してみてください!

ラッシュガード

ジンベイザメの保護や環境汚染対策で、日焼け止めの塗布が禁止されています。 ルールを破ると、罰金2500ペソが課される場合があるので要注意です。 環境保全のためにも、日焼けが気になる方はラッシュガードを着たまま海に入れば安心。クラゲ対策にもなり、1枚持っていると重宝します。

もし忘れてしまっても現地で購入することが可能です!むしろフィリピンのリゾート地には、日本より安く種類豊富なマリングッズが揃っていますのでぜひチェックしてみてください!

水中カメラ

ないと後悔するアイテムNO.1!スミロン島の美しい海を楽しむなら必須のアイテムです。 Goproなど、防水機能付きのアクションカメラを持っている人は忘れずに持参しましょう! 現地でも、CD代込みで550ペソからレンタルできるので安心です。ボートマンにカメラを渡せば、撮影に協力してくれますのでジンベイザメとの2ショットも夢ではありません!一生の思い出をカタチに残すチャンスなので、水中カメラはぜひ持参してほしいアイテムです。

酔い止め

セブ市内からオスロブまで車で約3時間半かかるため、心配な人は準備しておきましょう。 フィリピン人の運転は、急停車&急発進は当たり前。普段は酔いにくい人も、念のため酔い止めを飲んでから出発することをおすすめします。 日本人ガイド付きのツアーは、ドライバーの教育もしっかりされているため安心です。

オスロブからスミロン島までの船は、所要時間15分で基本的に波も穏やかなので、あまり心配しなくて大丈夫ですが、心配な人は事前に備えておきましょう。フィリピンでも酔い止めは購入できますが、強い成分が含まれていることがあり副作用が心配なので、日本から持参することをおすすめします。

スミロン島で一生の思い出を作ろう!

絶景の楽園「スミロン島」の魅力、いかがでしたか? 抜群の透明度を誇る海 豊かな生態系 のんびり優雅なリゾート スミロン島では、南国の魅力を全て満喫できちゃいます! せっかくなら海だけでなく、島にも上陸しスミロン島の魅力を思いっきり体験してほしいですね。 セブ島観光に訪れたら、ぜひスミロン島にも足を運んでみてください!

RECOMMEND おすすめの記事